>

タグ:アレルギー ( 5 ) タグの人気記事

From Kitchenの先生たち~清水梨絵さん

佐藤初女さんの講演会をきっかけに、またひとり、心強いメンバーが増えました。


明るく、気さく。そしてパワーあふれる清水梨絵さん。自己紹介文を掲載いたします♪


☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・

From Kitchen まちだ

お料理セラピスト
マクロビオティックアドバイザー
ファスティングアドバイザー

c0344051_10445595.jpg

はじめまして。清水梨絵(しみずりえ)です。

高3、中3の男の子 1歳の女の子、3人のお母さんです。

長男を出産後に重度のアトピー性皮膚炎になり食の大切さを知りました。
離乳食作りをきっかけに季節の食材を使った料理に没頭。


自然食ブッフェ 料理のデモンストレーター、マクロビオティック(玄米菜食)カフェのベンチャー企業の店長、健康食品会社の社内カフェの店長として様々なジャンルのお料理やイベントに取り組みました。


結婚11年目でシングルマザーとなり忙しく時間に追われるなか、
体調不良が相次ぎマクロビオティックや、自然療法などと出会いました。



登校拒否だった息子が寮生活を始め、そして3人目の出産を機に
働き方、子育て、家族の在り方を見つめ直すことに。


『お母さんの味を大切に、次世代につなげていきたい』 という想いとともに
From Kitchenでの活動をスタート!



アレルギー対応食や、動物性食品控えめなお料理もご相談にのります。


食や子育ては、知識や努力でコントロールするものではなく、
1人1人心地よいものを選んで行くことが大切だと私は思っています。


『日々、感じること』や『自分らしく生きること』に目を向けながら
『私らしい味』を見つけるお手伝いができたらと思っています。


忙しい方にこそ、
身体に嬉しい
美味しい
楽しい
お料理をお伝えしたいです。


あなたの笑顔が、
あなたの大切な人の笑顔につながるように

一緒にお料理をしませんか?


清水梨絵

by blog-fromkitchen | 2015-07-03 09:26 | ---FromKitchenの先生たち

vol.026 ぎゅーにゅーとーにゅー

珠季へ


珠季は6か月のとき、アレルギーってわかったの。
アレルギーの食べものは、ミルクと卵とピーナッツ。
病院の先生と相談して、 離乳食のあいだは除去食でいこうってことになったよ。
ミルクと卵とピーナッツをぜったい食べないようにして、
そうしている間に、珠季の体が食べても大丈夫になるのを待つの。


このときからハハの豆乳研究がはじまったよ。
お料理に使うとむしろけっこうおいしいものもあったし、
牛乳をあげるより、いいかもしれないって思うようになった。


それから、珠季が好きなお豆腐ホワイトソースも、
このときに編み出したお料理なんだよ。
卵と牛乳をつかわない蒸しパンとかも、いいよね。
それから、ロングライフの豆乳を買っておけば
便利だなってことも、このときわかったこと。

だからアレルギーのおかげってことも、いろいろあるんだ。


でもやっぱり、おやつなんかいつでも手作りできるわけじゃないし、
危険な食べものが身近にいっぱいあるのはこわいから、
アレルギーがなおるに越したことはないんだけど。


おとなになるまでずっと、食べられないかもしれない。
でも案外すぐ、なおるかもしれない。
半年ごとに調べましょうってことになった。

ここでちょっとよかったのは、珠季が注射が得意ってことだね。
血をとって検査するんだけど、
珠季は赤ちゃんの時からぜったい泣かないから、
ハハが珠季をかわいそうだなあって思う気持ちも、
少なくなったよ。注射が得意で、珠季はすごいなあって。


1歳をすぎて検査した時は、ちょっとは良くなったけど、
まだ食べちゃだめですっていう結果だった。


保育園には珠季用の豆乳を、
おむつやお着替えと一緒に持って行ってたの。

1歳6か月でまた検査してみたよ。
そうしたら、もっと良くなって、
火をとおした卵と、少しの牛乳なら飲めることになったんだよ!


わーい!


牛乳は、保育園の時間は300ml以内にしてください、って、
お医者さんからの「指示書」を保育園に持って行ったよ。
給食で牛乳を使った献立もあるし、ごはんのときの飲みものは、
保育園の先生たちが様子を見て決めてくれてたんだ。


うちでは、様子を見ながらちょっとずつあげてくださいねって病院で言われてたの。
その頃にはハハも、牛乳を使わないことに慣れて、
豆乳もいいなって思っていたから、
牛乳も豆乳もアリで、選択肢が増えたってかんじだった。


飲みものをどうするか、今もそうだけど、
だいたい珠季と相談して決めることにしたよ。
「牛乳にする?豆乳にする?」って。
「ぎゅーにゅー!」とか「とーにゅー!」とか、
1歳の珠季なりに、飲みたいものを答えてくれてたよ。


あるとき、珠季の答えが
「ぎゅーにゅーとーにゅー!」だったの。
「牛乳?豆乳?どっち??」って聞き返したけど、やっぱり
「 ぎゅーにゅーとーにゅー!」。


もしかしてまぜるってこと?って聞いたら、うん!って。

まぜるってのは、ハハは思いつかなかったんだよね〜。
珠季が考えたことなの。子どものほうが、いいこと考えつくよね。
びっくりしたけど、言われたとおりまぜてみると、
牛乳くささと豆乳くささが、打ち消し合うってかんじ。
なかなかいいんだよね!


珠季はその頃は味がすごくよくわかるようになってたから、
そういうの思いついたのかもね。

今でもぎゅーにゅーとーにゅー、飲むよね。
この飲みものは、うちだけの、深い味わいなんだ。

濱田沙織

web Vol.026 ぎゅーにゅーとーにゅー

by blog-fromkitchen | 2013-04-28 14:03 | 台所からの手紙

vol.023 シーフード初心者のハハが教わったこと

珠季の好きなものランキングは、いま、
1、いくら
2、ぶどう
3、えび
なんだよね。


これをきいて、ハハは、珠季はやっぱりほんとうにシーフードが
好きなんだなあ、って思った。
たこも、いかも好きだね。貝のカキも。

もっと小さいときから、ずっとそうなんだよ。


シーフードは固いから、珠季がまだ赤ちゃんで
離乳食のときは、主に風味付け。
お出汁としてあげてたんだ。
なんとなく、好きそうかなーとは思ってたよ。
干しえびのお出汁のおかゆとか、すごくよく食べた。
ハハは干しえびのお出汁はあんまり好きじゃなかったから、
そうそうしょっちゅうあげてたわけではないけど。


いよいよ食べられるようになったのは、1歳くらいから。
アレルギーもあるかもしれないし、おそるおそる、
ゆでたえびとかたことかを刻んであげたの。
大丈夫そうで、ひとあんしんだった。


だんだん言葉が出るようになってきたら、ハハは珠季に
ごはんの食材のなまえをいっぱい教えてあげたよ。
好きなものだと、よろこんで言うの!
えびは、「えーび♡」って聞こえた。ほんとだよ。

7fae467e9ae336875cce665976767e19 Vol.023 シーフード初心者のハハが教わったこと


生のものが食べられるようになったら、こんどはいくらが
本当に大好きになったよね。
お寿司のいくらも、珠季がぜーんぶ食べようとしちゃうけど、
でもさすがにたくさん食べるには珠季は小さすぎたから、
チチとハハがもうだめって言って…1時間くらいずっと
「いくらーー!たべたいー!チチとハハきらいー!」って
泣いてたこともあったね〜。くいしんぼうだよね〜。


スーパーに一緒に行くと、これ買ってーっていうのが、 貝のパックか、たこが多いね。
(お菓子とかじゃないのがとっても面白いんだけど、そこは、いい傾向なので内緒。)

ハハはお魚は好きだけど、えびとかたことかいかとか貝とかは、
もともと、それほど好きってわけでもなくて、
フライの時とかマリネ用にたまに使うってかんじだったんだ。
でもなんせ珠季が好きだから、食べたいって言われるし、
ハハはシーフードをよくお料理に使うようになったの。


それから外でごはんをたべるときも、たとえばチャーハンなら
今までは頼まなかった、えびチャーハンにしてみたり。
貝がいっぱいのパエリアを選んでみたり。

そうやっていろいろ研究して、つかっていくうちに、
今ではハハもけっこう好きになってきたんだ!
カキと長いもの蒸したやつなんて、我ながら、
けっこういい線いってると思うの。


おばあちゃんたちも気に入って、どうやって作るのって
きかれたから、この前教えてあげたんだよ。作ったかな。

こんなふうに子どもの珠季においしさを教えてもらうなんて、
考えてもみなかった。


ごはんのおいしさって、
ハハが珠季に教えてあげることだと思ってたの。
それが逆に、おばあちゃんたちにまで伝わるなんてね!


珠季がおいしそうに食べるっていう理由で、
おうちのメニューがどんどん増えていくの、なんかいいよね。


by blog-fromkitchen | 2013-03-09 13:46 | 台所からの手紙

vol.013 ハーフバースデーの苦い思い出

珠季へ


ハーフバースデーっていうのは、生まれて半年のお祝いのことだよ。
赤ちゃんが1歳になるのが待ちきれなくて、半年でやるのかもね。


珠季のハーフバースデーの日、ハハは張り切って、かわいいごはんにしようって思った。
いつもは1回食を朝10時頃にしていたけど、
チチが仕事にいく前に、記念写真を撮って、みんなで朝ごはんにしたんだよ。


せっかく離乳食も始めていたし、なんとなく好きそうかなっていうものを集めて。
バナナヨーグルトパンがゆ、アボカド、いちご、小松菜。
当時の珠季にしたら、朝から豪華な食事。完食したよ。


離乳食といえば、はじめてのものは朝に食べましょう、ってよく言われる。
アレルギーだったとき、すぐに病院に行けるようにって。

忘れもしないこのハーフバースデーの朝、食べ終わってしばらくしたころ。
珠季にどんどんじんましんが出て来て…、
おなかや、顔や、頭まで、真っ赤になって…、もちろん大泣き。


つらそうだった。これってアレルギーかもってちょっと思ったけど、
今日はじめて食べたものはなかったし、どんなじんましんがアレルギーかとかわからないし、
ほかの病気かもしれないし、すごく不安だった。とにかく病院に連れて行かなきゃって思ったよ。

そしてさらには、いつもの小児科の休診日だったんだ。


ハハは急いで、泣いてる珠季を車に乗せて、はじめての小児科に行ったよ。
順番を待っている間はチチに電話したりもした。

小児科で診てもらう頃には、ひどかったじんましんは少しひいて、
たぶんアレルギーだからって薬をもらったよ。


近くの大きな病院で検査してきてくださいってことになって、
その日に食べたものをぜんぶと、よくあるアレルギーの食べ物が、
珠季にとってどうなのか、血をとって検査したんだ。

結果は、卵とミルクとピーナッツのアレルギーだった。
ハーフバースデーのメニューは、ヨーグルトがだめだったんだね。


それからはよく説明をきいて、勉強して、除去食で行こうってことになったよ。
アレルギーの食べものは、アレルギーじゃなくなるまで食べないようにするの。
そのやり方で、少し大きくなって治る子もたくさんいるって聞いたから、それに期待したんだ。
ハハにとっては、また新しい世界のはじまりだった。


アレルギーとなると、おじいちゃんやおばあちゃんも気にして勉強して、
本当にいろんな治療法があるのを知らせてくれたりした。

でもハハは、病院で先生としっかり話して決めた方針を、ぜったい守るって決めたの。
うっかり食べちゃわないように、すごく気をつけるようになった。


珠季にあげるもので、買ったものは、裏の表示をすみからすみまで確認したよ。
パン屋さんでパンを買う時も、ミルクを使っていないパンはありますかって、必ず聞いてた。
外に行く時もだいたいお弁当を作ってたよ。

珠季のごはんは私がきちんと管理するぞっていう気持ちは、
新米お母さんらしい、すごくすごく強い気持ちだったような気がする。

濱田沙織

20090416 1035239 2 Vol.013 ハーフバースデーの苦い思い出



by blog-fromkitchen | 2013-01-19 12:56 | 台所からの手紙

vol.003 卵サンドを作ると妊婦だったあの頃を思い出す

私はアトピーでアレルギー体質なので、妊娠がわかってから食べないと勝手に決めた食材がある。


「卵」だ。今ほどアレルギーの情報がなく専門の病院も少なかったので
勝手に「卵」を悪者にしてしまったのだ。
君が私と同じように「かゆい」症状で悩むのを避けたかったなんとも未熟な判断だった。


しかし妊娠の初期には思った以上につわりがひどく、
何も食べられず、食べたいものも見つからなかった。

ただ、どうしても食べたいものがひとつあった。これが食べたい・・・。


これなら食べられる・・・。それは「卵サンド」。


固めに茹でた卵をマヨネーズで和えてやわらかいパンではさむ、あの卵サンドだ。

 Vol.003 卵サンドを作ると妊婦だったあの頃を思い出す


作ろうと思えば簡単に作れるし、もちろんパン屋さんでも買える。


でも・・・食べようとはしなかった。それが正しい判断だったかどうかはわからない。


ただ、その決心はまだ見ぬ君のために私が最初にした「母親らしい」ことだったかもしれない。


君が産まれ大きくなって我が家では卵は大活躍。
甘いお醤油味の卵焼きはお弁当の定番メニューで、卵サンドもお弁当によく登場した。


今でも卵サンドを作ると妊婦だったあの頃を思い出す。くすっと笑いながら。


福島利香
















by blog-fromkitchen | 2013-01-02 11:54 | 台所からの手紙


「食卓から家族を作る」をコンセプトにした家庭料理の料理教室です。子連れでご参加いただけます。東京都渋谷区(最寄駅:代々木上原)


by fromkitchen

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

♪最新イベント情報♪

カテゴリ

全体
From Kitchen について
---想い
---主宰者の紹介
---FromKitchenの先生たち
お知らせ(NEWS)
教室スケジュール
---毎日のやさしいごはん
---くりまわしの教室
---大人の家庭科
---イベント
教室レポート
産後のママの身体のためのレシピ
生徒さんの声
From Kitchenのおいしいレシピ
From Kitchenのまかない
台所からの手紙
From Kitchen 日々のこと
家族の食卓
子育て・子どものごはん
食材のおはなし

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

おうちパーティー グラタン~..
at 2016-08-09 14:43
【満席】毎日のやさしいごはん..
at 2016-08-08 11:31
毎日のやさしいごはん~ふっく..
at 2016-07-27 15:58
生徒さんの声~ふっくらお稲荷..
at 2016-07-27 14:44
生徒さんの声~チャーシューと..
at 2016-06-20 15:42

外部リンク

ブログジャンル

料理・レシピ
スクール・セミナー

画像一覧