>

<   2015年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

From Kitchenの先生たち~横山久美子さん

From Kitchenは理念に共感してくださるたくさんの方々に支えられた活動です。


今日は、横山久美子さん(調理人knockさん)を紹介いたします。


しっかりとした土台をもち、さまざまな活動につなげていく実行力をもった人。


優しさと、おおらかさ、そして誠実さが周囲の人たちを惹きつけます。


現在、利香先生の会社olive&oliveでも、From Kitchenでも、活躍中です。


会える日を楽しみにしていてくださいね。

c0344051_07052681.jpg
プロフィール
Knock調理人


青森育ちの自然っこ
最初の就職はキルフェボン京都店

体調を崩し青森に戻り、郷土料理でもてなす老人ホームにて調理員をした際に自然と食で体調が戻り、食に益々興味をもつ。


カナダの素敵なカップケーキ屋さんに一目ぼれし、日本人は初めて雇ったと言われながらもカナダ人にまみれてカップケーキデコレータ―となる


日本に戻ってから、いがらしろみさんプロデュースのカップケーキ専門店フェアリーケーキフェア入社、その後表参道ニコライバーグマンノムに入社し、デンマークへ研修旅行や、ハイブランドなクライアント様とのケータリング経験や世界一のレストランNomaの副料理長だったシェフのアシスタント体験などを通して感性を磨く


2014に独立し、出身地青森の食材を生かしたケータリングや料理教室の開催とこころときめくカップケーキやお菓子教室、ワークショップなどを中心に食の世界の楽しさを伝える活動中


資格
調理師免許 普通免許 
Raw&Living Japan Expert 
KIJスイーツコース修了



いろんなことをして、今に至りますが、
ピースを集める作業中は完成図がわからずに好きなこと、やりたいことだけ邁進してきました。


今はまた棚卸しして、新たな気持ちでのびのびと楽しんでいこうと思いますので、
今後ともよろしくお願いします

c0344051_07035664.jpg

by blog-fromkitchen | 2015-07-17 07:12 | ---FromKitchenの先生たち

ぎょうざ作りの参加者さまのブログです

From Kitchenって、どんなお教室かしら?


気になるけれど、なかなか様子がわからないわ、という方きっといらっしゃると思います。


少人数制の料理教室に初めて申し込むなんて、勇気がいりますよね。


今回、ぎょうざ作りにご参加くださった生徒さまが、教室の感想をすてきなブログにしてくださいました!


少しでもみなさまに教室の様子がお伝えできたらと、当ブログへの転載をお願いしたところ、


快くご承諾いただけましたので、みなさまにご紹介いたします。(I様、ありがとうございます!)


***********以下、生徒さまブログより************


先日参加したFromKitchenさんのお料理教室。

今回は、毎日のやさしいごはん~自家製中華出汁を使ったおかずと手作り餃子。

餃子。。。

夫、長男、次男、皆の大好物で、割と頻繁に作ります。

次男なんか、餃子の日は他のおかずには目もくれず、餃子とご飯しか食べない。
だから、餃子に野菜をいっぱい仕込みたいところ。
手作りなら、野菜たっぷり入れられます

よく作るので包むのだけは人並になったけれど、なかなか我が家の味が安定しなかったのです。

中身がパサついて肉団子みたいになってしまうことも。
それでもパクパク食べてくれるのですが、
家族みんなの好物だから、イマイチな餃子ではなく、うまいっ!!って食べてもらえるジュシーな餃子にしたい。

それが参加目的でした。

今回も家庭ですぐに活かせるポイントが盛りだくさん。

献立づくりからして、ネギやニラを使い切れるように工夫されていました。
せっかく作る中華出汁はご飯以外のおかず、全部に使いまわして。

きゅうりと鶏肉のサラダは、きゅうりから水分が出ないためのコツ。
中華玉子スープは、絹のようにフワフワ玉子にするコツ。上手にとろみをつけるコツ。
収穫でした(o^^o)

中華出汁、今までは顆粒の「鶏ガラスープの素」や「味覇(ウェイパー)」を使っていました。

手羽元の煮物を作るときに、下茹でしてとれたスープを、単にスープとして使うことはあっても。

別のおかずや餃子に使うことは、思いつきもしなかったな。

手羽先でじっくりとった中華出汁は、顆粒で作る出汁よりも、自然で優しいお味でした

餃子のお肉にそのお出汁を浸すから、他の調味料は少なめでも、しっかり味が付いていました。

そして今までご縁のなかったスパイス。
「五香粉」をすこーし入れると、ぐんと本格中華の風味に!

恐らくうちの人達は、私以外は苦手な風味。
でもほんのちょこっと、入れるだけでお家餃子がランクアップするような。

出来上がった餃子達。
焼き方も今までのわたしのやり方とは違いました!
手のかけどころは、お皿に返す前に餃子の焼き目を丁寧に確認しながら、火を当てて、全体にまんべんなく焼き目をつけるところ。

いざ、実食!!
食事中も先生の話の中にポロポロ大事なコツが飛び出すので、メモメモ_φ(・_・

体も心も喜ぶ、美味しい試食会でした音譜

その日の夕飯で、早速同じメニューを作ってみました。

鍋炊きご飯含め5品。
そりゃあ、すぐに先生のような仕上がりにはなりませんが(^_^;)
餃子は一ヶ所なかなか剥がれなくて格闘したし。
次男が包んだ個性的な餃子は別皿に鎮座。

スープの玉子がフワフワになったのは嬉しい(^^)

夫も、お、中身がいつもと違う、と。

五香粉入りでも、子供達もパクパク。
良かった~~(^^)

c0344051_20014163.jpg
やってみて気付くのは段取りの大事さ。
先生は流れるように動いていたけれど、いざやると、作業中ふと、あれ?この間に何をすべきなんだっけ?先に何を仕上げるんだっけ?
と手が止まることが。

食べるときの温度を考えて段取り良く作り、家族と一緒に私もいただきますと食べ始められるのが理想。
今は、出来たおかずから出して、皆には先に食べ始めてもらい、その間私はまだ調理や洗い物といったことが多いな。

お母さんてそんなものなのかもしれないけれど、
今後の課題です。


by blog-fromkitchen | 2015-07-16 20:19 | 生徒さんの声

生徒さんの声~自家製中華出汁を使ったおかずとぎょうざ作り

ぎょうざ作りにご参加くださった生徒さまのご感想を紹介いたします。


*料理本には書いていない、ひとつひとつの作業のポイントや、そうすることの意味まで丁寧に教えていただけたので、イメージしやすかったです。


*料理教室に参加するのは初めての経験でしたが、とてもわかりやすかったです。


*手元の作業を近くで見ながら、その都度質問できる雰囲気がよかったです。
 ほかの方の質問からも得るものが多かったです。


*友人宅で過ごしているような雰囲気で、子連れでも安心して集中してお話を聞くことができました。


*初めてのぎょうざ作り、楽しかったです。包み方もできたので、家でさっそく作ってみます。


*中華出汁は、顆粒だしと違って優しい味でした。


*食材のむだが出ない方法をトータルで教えていただけたので実践してみたいと思いました。


*今日も実り多きひとときでした。


*野菜の切り方がいつも参考になります。


*ぎょうざは、家族にはもちろん、友人とのパーティーにも作ってみようと思います。


*中華出汁はたくさん作って活用します! 離乳食にもとりいれます。



おうちの中華、楽しんでいただけたようで安心いたしました。
ぜひまたご参加くださいね。

c0344051_18592454.jpg

by blog-fromkitchen | 2015-07-14 22:10 | 生徒さんの声

毎日のやさしいごはん~自家製中華出汁を使ったおかずとぎょうざ作りを開催しました

「ぎょうざ、行きたかったんですけど、日程が合わなくて~!!」
今までで一番、こんなお声を聞いたぎょうざ教室。
ぎょうざ、おいしいですよね。そして習えるところがあまりないでしょうか、注目度高かったようです。


暑い中お越しくださった生徒さまと、和やかに言葉を交わしながら、いつものように座学からスタート。
リピーター様もご新規様も、すぐにうちとけてしまう雰囲気です。


今回のメインテーマは、手作りぎょうざと、おうちでつくる中華出汁のとり方。
ですが。
まずはじめに盛り上がったのは、鍋で炊くごはんのこと、そして包丁のこと。
生徒様のご関心に応じなんでもお話してくれる利香先生。
テンポよく、幅広く、お話がすすんでいきみなさん引き込まれていきます。
c0344051_18234421.jpg
赤ちゃんをお連れのお母様も、赤ちゃんの様子も気にしつつ、ゆったりと。
c0344051_18253122.jpg
スタッフも子育て経験者が多いです。できる範囲でお母様をサポートします。

c0344051_18271460.jpg
中華出汁、おうちで作れるとお料理の幅も広がりますし、なんといっても体にやさしいのがいいところ。
お味見では、「やさしい味~!」とのお声が上がります。
自家製スープのラーメンにも挑戦できますね。


卵スープの上手な作り方は、卵をよくほぐすこと、そして流しいれる時に対流を作ること。
ほんのちょっとの手間で、仕上がりに差が出ます。
なんとなく自己流でやっているのと、ちょっと教えてもらうのとでは、こんなに出来上がりがちがうんだと私も感動してしまいました。
「調理のコツ」って、だいじですね。


さぁ、いよいよぎょうざを包みます。 みんなでやってみましょう~。
c0344051_18335808.jpg
ぎょうざ作りは初めての方も、こんなに上手に包めました!
c0344051_18341823.jpg
フライパンに並べて…
c0344051_18354424.jpg
羽つきぎょうざにするポイントも交えながら、ぎょうざが焼ける香りに包まれながら、質問タイム。

c0344051_18370553.jpg

完成!!
c0344051_18384045.jpg


お楽しみの試食の時間。配膳もにぎやかに。


おうちで作るやさしい中華の味。ほっとします。
外食も楽しいけれど、こんな風におうちでいろいろな味が楽しめるのもいいですよね。


From Kitchenがめざすのは、「毎日の食卓のためのごはん」です。
作って楽しく、食べて美味しく。
毎日をがんばるあなたの体を支え、心をほぐすものでありますように。


おうちで中華、また企画いたします。
今回ご都合がつかなかった方も、どうぞ楽しみにしていてくださいね。


本日ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。


From Kitchen 長野







by blog-fromkitchen | 2015-07-14 18:42 | 教室レポート

生徒さんの声~管理栄養士さんと学ぶ子どもの食事

管理栄養士さんと学ぶ子どもの食事にご参加いただきましたみなさまの感想を一部ご紹介いたします。


*栄養の知識だけでなく、料理の作り手(母)として家族に対する食事のあり方を見直す良い機会となりました。


*子どもだけでなく、大人にとってもためになる勉強会でした。先生のお話はわかりやすく、ためになるのでもっと学びたいと思いました。


*食べあわせが特に勉強になりました。今後はどんな食品に栄養が入っているかの知識も身につけて、食べあわせを上手に使いこなせるようになりたいです。


*盛りだくさんで、がんばってついていきました。内容が多かったですがわかりやすくお話してもらえてよかったです。


*昔勉強したことを少し思い出しました。子育てしながらですが、自宅でもう一度勉強したいと思います。


*初心者にわかりやすい図や説明だったので、よく理解できました。


*お稽古事のように毎月1回くらいのペースで開催してほしいです。


*上木先生は、教科書的な知識をおさえた上で「そうは言っても実際は…」という両面からお話しくださるのでとても共感できるし、小さなことから挑戦してみよう!と思えます。


*講座自体がわかりやすい一方、学ぶことがとても面白く、もっといろいろ知りたいと思い始めています。


*教科書通りの知識というよりは、その人、その家族に沿ったアドバイスもいただけたところがとてもよかった。


*もっとステップアップしたクラスもあったらいいなと思います。


*年齢や性別ごとに講座をしてほしいです。


*最終回は、献立に落とし込めたところがよかったです。栄養と実際のごはん作りがなかなかつながらないのが難しいところだと思うので。


*食材にはこだわっていましたが、栄養バランスについては感覚的にしか気を使っていませんでした。食材の持つ力を理解したうえで、心とからだが健康になる食卓を作っていきたいと思いました。


*お弁当に対する考え方とか、食材の選び方、調理の工夫も参考になりました。


*もっと初歩的なことから学んでみたいので、1から学ぶ講座も参加してみたいです。



まだまだ紹介しきれないご意見ご感想、たくさんお寄せいただきありがとうございます。


みなさまの栄養についての意識の高さを、ひしひしと感じる3日間でした。


次へとつなげていきたいと思います。


ありがとうございました。

c0344051_06302764.jpg

by blog-fromkitchen | 2015-07-11 06:33 | ---大人の家庭科

【News】夏休みのイベントのお知らせです

もうすぐ夏休み。From Kitchenの夏のイベントをお知らせします!

夏休みの思い出作りにぜひ、ご参加ください。

申し込みはEメールで受け付けいたします。

info★olive2.co.jp(★を@マークに変えてメールしてください)

※Facebook参加表明のみでは正式なお申し込みとなりませんのでご注意ください。

お名前・ご職業・お申込人数・日中ご連絡のつくお電話番号をお知らせ下さい。
ご連絡いただいた方に詳細をお知らせいたします。
なお、事務局は土日お休みをいただいておりますので、土日をはさんだお申し込みにつきましては月曜日以降に順次お返事させていただきます。


EVENT-1 森崎繭香先生の「野菜ペーストで親子クッキング」

日 時:2015年8月21日(金)11:00~13:00

場 所:アトリア食堂 (渋谷区大山町18-23 コートアネックス大山町1F)

料 金:4000円(2人1組)*3人目は500円増(事前振込)

参加人数:親子5組10名

野菜を無駄なく使う「野菜ペースト」は、簡単で身体によくって、おかずにもスープにもおやつにもアレンジできます。
野菜が苦手な子どもでもペーストにすれば食べられてしまいます。

「野菜ペーストで簡単おやつ」の本を出版した、雑誌やメディアで大活躍の料理家 森崎繭香先生が野菜ペーストを使ったお料理教室を開催します。

<メニュー>
・かぼちゃのニョッキ、ほうれん草クリーム(デモのみ/試食あり)
・スノーボール(各自で作成)

講師:森崎繭香(もりさき まゆか)

料理家 フードコーディネーター
大手クッキングスクール講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
企業向けレシピ開発や書籍・雑誌・WEBへのレシピ提供、
テレビ・ラジオへの出演など幅広く活動中。
カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った
自宅でも作りやすいレシピを心がけている。

著書に『焼かないケーキ』、『野菜ペーストで簡単おかず』、『野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル』、『豆腐クリームの絶品レシピ』、『森永ミルクココアレシピ71お料理にも大活躍』、『塩レモンでつくるおうちイタリアン』、『カップスタイルで簡単!スープの本』、『グラススイーツの本』、『おかず蒸しパンと蒸しケーキのおやつ』がある。

http://www.mayucafe.com/

EVENT-2 森田康行先生の親子パン教室「あんベーグルを作ろう!」

日 時:2015年8月24日(月)10:00~13:00

場 所:渋谷区大和田文化センター調理室(学習室5)

料 金:4000円(事前振込)

From Kitchen初、親子パン教室を開催します。


今回は、十勝で100年続く農家さん、「森田農場」さんの小麦粉と小豆を使い、あんベーグルを作ります。
あん入りのベーグルなんて、パン屋さんではなかなか見かけません。
自由な発想で作れるのが、おうちで手作りのいいところですね。

「塩麹を使ったおいしいパンとお菓子」「大豆粉でつくる、糖質オフでもこんなにおいしいパンとお菓子」の著者、森田康行先生のパン教室です。各地でパン教室を開催する森田先生。「モリパン」の名で親しまれているふわふわ優しいお味のパンも人気です。

Facebookページイベントページはこちらから


by blog-fromkitchen | 2015-07-09 12:10 | ---イベント

vol.042 18年前の私とあなたへ

あと2年で20歳だね、早いな。


お母さんね
20歳であなたのお母さんになったの。


そのときは
ワカメを切ることも
白滝を下ゆですることも
焼く以外の魚料理もできなかった。


家事と育児の両立で精一杯。


ただ、ただおっぱいをあげて
オムツをかえて
泣けば昼夜関係なく抱きかかえて


育ててるというより
なんとか生かしているといった毎日。


友だちはみんな楽しそうにオシャレして
やりたいことをやっていて、


自分だけ狭い家の中で
大奮闘してることに涙して


心ない周りの言葉に
辛く悲しい時もあったなぁ。


それでもね、
お母さんは毎日が幸せで
あなたがかわいくて
愛おしくて…笑顔が見たい一心だった。


離乳食をもりもり食べてくれたから、
『次は何を作って食べさせてあげようかな』って。
料理が楽しくなってきて
美味しい~!の笑顔、
それを見るだけで胸がいっぱいになった


幼稚園でも小学校でも


頬っぺたいっぱいに
ご飯を頬張って、
おしゃべりと、食べるのと
大忙しのあなた。


その小さな身体が
元気に大きくなるようにと
一日、一日、積み重ねてきました。


あの小さかった身体が
まさかこんなに逞しくなるとはね。


あのときの涙も迷いもすべて
報われた気がします。

清水梨絵


c0344051_21210115.jpg
c0344051_21205146.jpg

by blog-fromkitchen | 2015-07-08 21:22 | 台所からの手紙

From Kitchen管理栄養士 あきこ先生より

3回シリーズで開催しました、From Kitchenの栄養講座。


栄養のお話にFrom Kitchenらしさをいっぱい詰め込んでお届けしました。


あきこ先生より、講座を終えて感想をいただきましたのでお伝えいたします。


「実践できてこそ、知識は生きてくる」 現役子育てママのあきこ先生ならではの言葉ですね。


**********************************************************

Fromkitchenの栄養士として伝えたいこと。
それは、食は栄養素をとることだけでなく、色々な役割があるということがその一つです。


栄養素だけではなくもっと大切なことを軸にしようと決めて組み立てた今回の3回の講座でした。

ご参加くださったみなさまありがとうございました。
最終回を終えて、みなさんの表情を拝見し、ほっとしているところです。


栄養学を勉強したければ、書籍やネットでいくらでも情報は出てきます。
同時に、自分にとって何を選べばいいか困っている方も多い現状があります。


「わが家の食卓がどうありたいか」「自分の大切にしたい食の考え」について
みなさんがそれを実現するために、私の情報がお役に立てればという気持ちでお話しさせていただきました。


きっと、管理栄養士が食に対してお話しするといえば、栄養素を中心の講座だと思われた方も多いかもしれません。
確かにその部分のお話しもさせていただきましたが、それよりももっと大切なこと、気づいてほしかったことの方がボリュームが多かったかもしれませんね。

情報を手に入れても、実際の食にいかすことが出来なければそれはただの情報にすぎません。
実践につなげてこその食の知恵です。
今日から食卓に対する意識が変わったり、大切にしたいことが明確になって、楽しく毎日を過ごせたらなと思っています。


From Kitchen管理栄養士 上木あきこ

c0344051_10341565.jpg


by blog-fromkitchen | 2015-07-08 10:34 | ---FromKitchenの先生たち

管理栄養士さんと学ぶ子どもの食事

From Kitchenの初めての挑戦となりました、「管理栄養士さんと学ぶ子どもの食事~家族の食卓を作るお母さんのための勉強会」。


本日、最終日が終了いたしました。


月1回、計3回の開催となりましたので、ご参加者さまは毎回同じではありませんでしたが、それぞれがご自身の目的を持ってご参加くださるみなさまで、本当に真剣にお話聞く姿が印象的でした。


お仕事がとてもお忙しい方。
妊娠中の方。
乳幼児がいらっしゃる方。
小中学生のお子様がいらっしゃる方。


お立場は様々でしたが、みなさま栄養のある食事を作りたいという想いは同じ。


栄養学はむずかしいし、食に関する情報は氾濫していて、何をどうしたらいいかわからないものですね。


From Kitchenでは、ふつうのお母さんにわかる言葉で、ふつうのお母さんに必要な栄養のお話しをする機会をご提供したいと、この講座を開催いたしました。


c0344051_12255481.jpg

栄養の基本を習う。ちょっと盛りだくさんかな、というご感想が上がるほど、充実した内容の講義でした。


「子どもの食事」というタイトルではありましたが、実際の講義では、お母さんやおじいちゃんおばあちゃんまで、様々な年齢と性別について触れる内容でした。みなさまご家族への食事をよくイメージできたのではないでしょうか。


最終日の今日は、「我が家の食卓」を考えてみるワーク。


参加者のみなさまでのシェアタイムは、とても盛り上がり、共感したり、こんなところは見習いたいなと思ったり、にぎやかにディスカッションしていらっしゃいました。


栄養のお話しなんてむずかしそう。。。そんなイメージはありませんでしたか?


From Kitchenならではの、


ガチガチではない、
心にも目を向けた、
そして何より、参加者様が笑顔になれる、
そんな3日間でした。


またの機会にぜひつながりますように。


みなさまのご意見、ご要望などはお気軽にお寄せ下さいませ。


みなさまと共に成長し歩んでいけるFrom Kitchenでありたいと思っております。


これからもどうぞよろしくお願いいたします。

by blog-fromkitchen | 2015-07-07 12:31 | 教室レポート

From Kitchenの先生たち~清水梨絵さん

佐藤初女さんの講演会をきっかけに、またひとり、心強いメンバーが増えました。


明るく、気さく。そしてパワーあふれる清水梨絵さん。自己紹介文を掲載いたします♪


☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・

From Kitchen まちだ

お料理セラピスト
マクロビオティックアドバイザー
ファスティングアドバイザー

c0344051_10445595.jpg

はじめまして。清水梨絵(しみずりえ)です。

高3、中3の男の子 1歳の女の子、3人のお母さんです。

長男を出産後に重度のアトピー性皮膚炎になり食の大切さを知りました。
離乳食作りをきっかけに季節の食材を使った料理に没頭。


自然食ブッフェ 料理のデモンストレーター、マクロビオティック(玄米菜食)カフェのベンチャー企業の店長、健康食品会社の社内カフェの店長として様々なジャンルのお料理やイベントに取り組みました。


結婚11年目でシングルマザーとなり忙しく時間に追われるなか、
体調不良が相次ぎマクロビオティックや、自然療法などと出会いました。



登校拒否だった息子が寮生活を始め、そして3人目の出産を機に
働き方、子育て、家族の在り方を見つめ直すことに。


『お母さんの味を大切に、次世代につなげていきたい』 という想いとともに
From Kitchenでの活動をスタート!



アレルギー対応食や、動物性食品控えめなお料理もご相談にのります。


食や子育ては、知識や努力でコントロールするものではなく、
1人1人心地よいものを選んで行くことが大切だと私は思っています。


『日々、感じること』や『自分らしく生きること』に目を向けながら
『私らしい味』を見つけるお手伝いができたらと思っています。


忙しい方にこそ、
身体に嬉しい
美味しい
楽しい
お料理をお伝えしたいです。


あなたの笑顔が、
あなたの大切な人の笑顔につながるように

一緒にお料理をしませんか?


清水梨絵

by blog-fromkitchen | 2015-07-03 09:26 | ---FromKitchenの先生たち


「食卓から家族を作る」をコンセプトにした家庭料理の料理教室です。子連れでご参加いただけます。東京都渋谷区(最寄駅:代々木上原)


by fromkitchen

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

♪最新イベント情報♪

カテゴリ

全体
From Kitchen について
---想い
---主宰者の紹介
---FromKitchenの先生たち
お知らせ(NEWS)
教室スケジュール
---毎日のやさしいごはん
---くりまわしの教室
---大人の家庭科
---イベント
教室レポート
産後のママの身体のためのレシピ
生徒さんの声
From Kitchenのおいしいレシピ
From Kitchenのまかない
台所からの手紙
From Kitchen 日々のこと
家族の食卓
子育て・子どものごはん
食材のおはなし

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

おうちパーティー グラタン~..
at 2016-08-09 14:43
【満席】毎日のやさしいごはん..
at 2016-08-08 11:31
毎日のやさしいごはん~ふっく..
at 2016-07-27 15:58
生徒さんの声~ふっくらお稲荷..
at 2016-07-27 14:44
生徒さんの声~チャーシューと..
at 2016-06-20 15:42

外部リンク

ブログジャンル

料理・レシピ
スクール・セミナー

画像一覧