>

<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

From Kitchenの先生たち~上木明子さん

From Kitchenの管理栄養士ママ、上木明子さん。

c0344051_14594556.jpg

「毎日のやさしいごはん」にもよく参加しているので、栄養の質問をした方もいらっしゃるかもしれません。


この春5年生になるお兄ちゃん、そして保育園(なのにとってもしっかり者)の妹ちゃんの、


現役子育てママです。


管理栄養士の資格に加え、つい最近では取得がむずかしいといわれている


公認スポーツ栄養士の資格も取得した努力家です。


管理栄養士としての仕事をしっかりこなす上木さん。


キャリアウーマンの顔をもつ一方、「食べること=幸せ」のスタンスをつらぬく優しい女性でもあります。


病院勤務の時には、患者様のお気持ちに気を配り、食べたいもの、好きなものを


お出しするよう心がけていたそうです。


From Kitchenで伝えたいことは、と質問すると、あふれるようにたくさんの思いをきかせてくれました。


毎日の家庭での食事が、楽しく、幸せであることの大切さ。


子どもの成長も、家族の健康も、日々の食事の積み重ねの結果であること。


幼少期の食環境が、大人になっても大切であること。


栄養だけにこだわるのではなく、調理も大切で、そこには先輩の知恵が役に立つこと。


暮らしの中で、たくさんの仕事や家事をこなす中での「料理」を、「作業」にしないこと。


From Kitchenで、栄養のプロフェッショナルとしての知識と経験をいかしながら伝えていきたい。


みなさまの食卓の笑顔のために、役に立ちたい。


料理は作業ではない。心をこめて。 …初女さんのことばとも重なる気がします。


From Kitchenのお料理教室で、イベントで、気さくにわかりやすく栄養の質問に答えてくれます。


次に会える日を、楽しみにしていてくださいね。


長野

by blog-fromkitchen | 2015-03-31 15:00 | ---FromKitchenの先生たち

佐藤初女さん講演会まもなく開催です

桜がきれいですね。


あたたかくなって、すっかり春本番です。


From Kitchenが協賛する、「佐藤初女さん講演会~初女さんから学ぶ食べることの大切さ」は


いよいよ今週日曜日となりました。


「食はいのち」とおっしゃる佐藤初女さん。


岩木山麓にある「森のイスキア」には心が傷ついた人が訪れ、


初女さん
と食卓をともにすることで疲れた心を休めていきます。


食べること、作ること、育むこと。


初女さんの優しい言葉で語られる心。


子育て中のお母さんたちに聞いていただけたらいいな、と思っています。


講演会を間近に控え、スタッフ一同、準備にいそしんでおります。


皆様に良い時間をお過ごしいただけますよう、


心をひとつにして、当日を迎えたいと思います。


https://www.facebook.com/events/764644220279823/

長野

c0344051_16113752.jpg

by blog-fromkitchen | 2015-03-30 16:12 | ---イベント

From Kitchenの先生たち~浜田沙織さん

From Kitchenは、「食卓から家族を作る」をコンセプトに活動しています。


From Kitchenの理念に共感してくださるたくさんの方々とつながって、


広がりのある活動を目指しています。


今日は、運営メンバーの浜田沙織さんをご紹介いたします!



c0344051_18555967.png
浜田沙織さん。3児のママ。


この春小学生になる、元気ではきはきしたお姉ちゃん。


とっても活発で人なつこい次女ちゃん。


そして1歳を迎えたばかりの弟くん。


お姉ちゃんの卒園風景や、弟くんの1歳バースデーパーティーの動画などなど、


Facebookでご覧になった方もいらっしゃるでしょう。


かわいいちびちゃんたちのママである沙織さん、


ファイナンシャルプランナーであり、ライフオーガナイザーであり、イベントプランナーであり、野菜ソムリエであり、


日本の機能的なキッズデザインのお店Origami kidsというネットショップまで運営し、


フルタイムの職も持つ、とてもとても多才でアクティブな女性です。


幅広い興味と好奇心の軸になるのは、「快適な環境作り」。


小さいころから興味を持っていたのだとか。


初めて沙織さんに会った時の印象は、きらきらした光みたいな人。


はつらつとした笑顔が素敵です。


先日の「働くお母さんのための座談会」では、


1歳前のそうちゃんをおんぶしながらファシリテーターを務める姿が、


参加してくださったお母さんたちに勇気を与えたようでした。


これからも、多彩な才能をいかしてイベントに登場してくれることと思います。


忙しい毎日の中、Facebookにアップしてくれる


ほのぼの子育て風景も、楽しみにしていてくださいね。



長野
by blog-fromkitchen | 2015-03-23 19:19 | ---FromKitchenの先生たち

やさしい味

From Kitchenのお料理は、ほっとする味、お母さんの味。


From Kitchenのスタッフになって7か月になりますが、


こんなごはんを家族に出してあげられるお母さんになれたらいいなって、いつも思います。


お彼岸なので、ぼたもちを作りました。


小豆の煮方ひとつも、From Kitchenで習ったように炊くと、


まあるい、やさしいあんこになりました。


ちょっとしたこつ。


教わるっていいな、と思います。
c0344051_11005408.jpg

福島先生、毎日たくさんのお仕事をかかえ、いそがしい中、


こうしてやさしい味を次々作ります。


あんこ作りも、うちの小学生3人の大量の洗濯物、


たまの休日の掃除や買い物、長男の中学進学に向けた部屋の模様替え…


そんなばたばたの中でできたので、自分でちょっと感動。


作り方を知ってる、こつがわかる。


これが忙しいお母さんを助けてくれるんだ、と日々実感しています。


From Kitchenは、5月本開校いたします。


みなさまの食卓の笑顔を思い描きながら、準備をすすめています。


家族の食卓。


いそがしくても、ほっとできるひとときを、


応援できるFrom Kitchenでありたいと思います。


こんなことがあったらいいな。


あんなこと教えてほしいな。


もしも、みなさまのご要望などありましたら。


Facebookページのメッセージなど利用して、ぜひお聞かせくださいね。


長野

by blog-fromkitchen | 2015-03-22 11:23 | ---想い

春のしごと〜甘夏のピール作り

From Kitchenスタッフ長野です。


パンを焼くのが好きで、家では自家製酵母を育てています。


パン好きが高じて、ジャムやピールも手作りするようになりました。


食べ盛り小学生を3人育てているので、家で作ればいっぱいできて経済的。


今日は甘夏のピールを作りました。


c0344051_1464417.jpg
甘夏ピール、何年目になるでしょうか。


差し上げる方々にもとても喜ばれます。


きざんでパンやクッキーにいれたり、ヨーグルトに入れたり。


元パティシエのママはテンパリングしたチョコレートでコーティングするんだそうですよ。


家族のお好みに合わせていろいろに楽しんでくださるのもうれしいです。


熊本で、安心な甘夏を栽培している農家さんの甘夏を使います。


育ててくださった方々へも思いをはせながら、


台所いっぱいに広がる甘い香りも楽しみます。


「ただいま~。わ~いい匂い!」という子供たちの声は、もうすぐです。


長野京子
by blog-fromkitchen | 2015-03-20 14:18 | From Kitchenのまかない

お弁当のお話し

前回の記事に懐かしいアルミのお弁当箱の写真。
Facebookページにはみなさんの懐かしいお弁当箱が並び、引き継がれるお弁当箱にじーんとしてしまいました。



もう、今はお弁当を作ることがなくなってしまいましたが、幼稚園から中学、高校まで娘達のお弁当を作りました。
その間にも遠足だったり運動会などの行事のお弁当も。どれだけの数を作っていたでしょうか。


幼稚園の頃は、「全部食べたよー」と、お弁当箱をからっぽにして帰ってくることが目的だったので、
心持ち量を少なめにして、嫌いな食材は入れないことにしていました。

からっぽのお弁当箱を振るとカラカラと音がするのは、可愛いピック。
お友達と交換したりで、見慣れないピックが入っていたりしました。


朝ごはんのときにお弁当の支度をしていると、上の娘は中身を見ないようにして、お昼にお弁当箱を開けるのを楽しみにしていました。
娘は「見ない、見ない」と朝の食卓で。
私は娘達が朝食を食べるまでにお弁当を作って軽く蓋をして中身を見えないように隠しておきます。

お弁当はおかずやごはんを冷まさないとつめられないので、炊きたてをお弁当箱に直接詰めるのではなく、
大きめのお皿に一旦ごはんをよそって広げ、冷ましていました。
ごはんは海苔弁。ちぎった海苔にしょう油をつけて敷き詰めます。

だから、お弁当に嫌いなものは入れておらず娘達の好きなおかずばかりでした。。


お昼の楽しみが優先の我が家のお弁当ライフです。

定番だったのは、牛乳にカレー粉とお塩を入れた液に鶏肉を漬けこみフライパンで焼く「タンドリーチキン風」のおかずがあります。
ささみか胸肉をそぎ切りにして、早く焼けるようにしていました。
先日も夕ごはんのときにこのおかずを出したら「お弁当によく入っていたやつ」と。

海老とささみは火が通りやすいので登場回数はかなりの頻度でした。
そぎ切りにしたり、漬けこんだり、野菜を洗っておいたりと前日の夕ごはんの支度のときに「ついで」にしておくと次の日のお弁当作りが楽になります。


お弁当作りは長かったけど「美味しかった!」って、からっぽのお弁当箱が何よりうれしかった思い出です。

福島利香

c0344051_13353575.jpg


by blog-fromkitchen | 2015-03-07 13:33 | 子育て・子どものごはん

vol.039 ちょっと大きめのお弁当箱

人一倍よく食べるのに、うちの3人はみんな小柄だね。
小柄だから、他の人たちはみんなの食べる量を見ると、びっくりするよ。

幼稚園の年少さんから、大人が食べるくらいのおにぎりふたつ、お弁当に持って行ったね。

忘れもしない、みおが年少の時の「プレお弁当」。
なんでプレかっていうとね、年少さんは本当は4月の間お弁当がなかったの。
その年初めて、「上の学年にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる子だけは、お兄ちゃんやお姉ちゃんの
クラスでお弁当を食べましょう」っていう日が3日あったんだ。
だから、「プレお弁当」。

みおはお兄ちゃんが年長さんだったから、年長のひまわりぐみでお弁当を食べるんだって、
朝喜んで幼稚園に行ったんだよ。

お母さんが帰りにお迎えに行くとね。
ひまわりぐみの、同じ名前の「みおちゃん」が、お母さんのところへ飛んできて、
「みおの弁当でっかいんだ~!!」って、目を丸くしたから、お母さん笑っちゃった。

だってね。まだ他の年少さんはお弁当も始まっていないのに、みおのお弁当は大きなおにぎりが
ふたつも入っていて、それをペロリと食べちゃったんだから。

年長さんの「みおちゃん」のお弁当箱より大きかったのかもしれないね。

冬は保温器でお弁当を温めてくれる幼稚園だったから、プラスチックのお弁当箱は冬の間使えないの。
ステンレスのお弁当箱を探しにお店屋さんに行ったけど、子供用のお弁当箱はうちのみんなには小さすぎて。
かといって大人のは大きすぎるから、みんなはお母さんが幼稚園の時に使っていた、30年前のお弁当箱を使ったんだよね。
ほどよい大きさだったんだ。
お母さんの妹のしーちゃんものんちゃんも使ったから、このお弁当箱で6人の子が育ったことになる。

お兄ちゃんがキティちゃんはちょっとかわいそうかなって思ったけど。
「お母様のお弁当箱だなんて、素敵ですね」主任のえみこ先生はそう言ってくれた。
あったかい幼稚園。廃材工作、バザー、物を大切にする心を教える幼稚園。
そんな幼稚園で、いっぱい食べて、のびのび元気な子に育ててもらったこと、お母さんは本当に良かったなって思ってるんだ。

長野京子

c0344051_14342063.jpg


by blog-fromkitchen | 2015-03-05 14:27 | 台所からの手紙

生徒さんの声~From Kitchenのひなまつり

From Kitchen「毎日のやさしいごはん~From Kitchenのひなまつり」


ご参加いただいたみなさまのお声をご紹介いたします。

c0344051_10403061.jpg

*調理の際に気をつけるポイントを的確に教えていただけたので印象に残りやすく、
 家で作るときに思い出しやすそうです。


*娘の初節句にあたって何か用意をしてあげたいと思っていたところだったので、
 ひなまつりメニューを教えていただけて本当に良かったです。
 

*和菓子はこれまで作る機会がなかったので、やってみて楽しかったです。


*こどもの様子を気にかけてくださり助かりました。


*子連れでも安心して参加できて嬉しかったです。
 先生、スタッフの方が親切でフレンドリーなところがよかったです。


*華のある料理が簡単に作れることを教えていただき良かったです。


*質問しやすい雰囲気が良かったです。小技をたくさん教えてもらえて良かったです。


*少人数でたくさんお話ししながら教えてもらえて、とても楽しかったです。
 日常気になっていたポイントも聞けてためになりました。


*先輩ママの時短テクを聞かせていただけてうれしかったです。


*娘に日本の四季を感じてもらいたくて参加しました。
 先生のデモンストレーションとアドバイス、みなさんとの団らんが楽しく、とても参考になりました。


*おうちでもやってみよう! という気持ちになれました。ありがとうございます。


*季節感のある献立はなかなか作れないので、教えてもらえてよかったです。
 娘も喜んでくれるといいです。


たくさんの嬉しいお声、ありがとうございました。

私自身、小学生3人の子供がいますが、おひなさまを出したりしまったり、日々の雑事に追われていて
毎年きちんと「ひなまつりのお献立」を調えてあげることはできなかったように思います。

今回ご参加くださったみなさまのように、お子さんが小さいころから行事食に目を向けている
お母さんたちは本当に素敵だなと思います。

私のように子供が育ってしまったけれど、今からでも!と思うお母さんたちにも
ぜひご参加いただきたい内容です。

食卓が楽しくなると、暮らしが豊かになります。

赤ちゃん連れでも大丈夫、楽しく、あたたかいFrom Kitchenのお料理教室。
次回のイベントも楽しみにしていてくださいね。


長野

by blog-fromkitchen | 2015-03-02 11:10 | 生徒さんの声


「食卓から家族を作る」をコンセプトにした家庭料理の料理教室です。子連れでご参加いただけます。東京都渋谷区(最寄駅:代々木上原)


by fromkitchen

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

♪最新イベント情報♪

カテゴリ

全体
From Kitchen について
---想い
---主宰者の紹介
---FromKitchenの先生たち
お知らせ(NEWS)
教室スケジュール
---毎日のやさしいごはん
---くりまわしの教室
---大人の家庭科
---イベント
教室レポート
産後のママの身体のためのレシピ
生徒さんの声
From Kitchenのおいしいレシピ
From Kitchenのまかない
台所からの手紙
From Kitchen 日々のこと
家族の食卓
子育て・子どものごはん
食材のおはなし

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

おうちパーティー グラタン~..
at 2016-08-09 14:43
【満席】毎日のやさしいごはん..
at 2016-08-08 11:31
毎日のやさしいごはん~ふっく..
at 2016-07-27 15:58
生徒さんの声~ふっくらお稲荷..
at 2016-07-27 14:44
生徒さんの声~チャーシューと..
at 2016-06-20 15:42

外部リンク

ブログジャンル

料理・レシピ
スクール・セミナー

画像一覧