>

<   2014年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

こういうランチが食べたい…おにぎりのまかない

朝、おにぎりを4個作ります。


旦那さん、2個

私、1個

娘、1個


私は手が小さいのに、おにぎりは大きい。


先日のまかないは一番出汁をとった後の二番出汁でおつゆ。


昆布も細かく切って食べてしまいます。


ネギたっぷり、卵回して、風邪予防のおつゆ。


あー、うどんでもよかったかもね。


外食でこういうランチが気軽に食べられる所があったら。


外出している時、何を食べようか悩みます。


がっつり定食は、ちょっとなぁ。


かと言って、パンでもなく。


カフェでもなく。


気軽におにぎりとお味噌汁が食べられたらいいのに。


なかなかないんだよね~。


そんな事も考える、ある雨の日の事務所のまかないでした。


From Kitchen代表 福島


photo:01



by blog-fromkitchen | 2014-11-29 11:52 | From Kitchenのまかない

おにぎりとおつゆのまかない。

冬の一歩手前。

銀杏の葉が黄色になり、落ち葉になってきましたね。

曇りで少し雨の降る日。

事務所でのお昼のまかないは、おにぎりとおつゆ。


おにぎりは朝、家でにぎってきます。

旦那さん2個。

私が1個。

娘が1個。


手が小さいのに

おにぎりやお稲荷さんを作ると

やたら大きいのが出来上がる。


かーさんのおにぎりは1個で
おなかいっぱいになっちゃうよ〜。

と家族から言われます。

小さいおにぎりにしようと思っても

だんだん大きくなってしまいます。


中身は、

おかかだったり、

生海苔の佃煮、

出汁をとった後の昆布の佃煮、

でも、一番人気は

薄切りの牛肉を甘辛に照り焼きにしたもの。

染み出したタレがごはんにからんで美味しいです。

以前、遊びに来たフードコーディネーターさんに出したら、

「りかさんのおにぎり大好き。

あの味忘れられません」

と、メールいただきました。


たくさんのおにぎりをにぎってきました。

きっとそんな経験が役に立っているようです。

c0344051_11445458.jpg

by blog-fromkitchen | 2014-11-29 11:01

深き森の語らい

はじめまして。
From Kitchenスタッフの長野です。


昨日、イベントに参加してまいりました。


佐藤初女さんと田口ランディさんの対談形式の講演会でした。


祈るってどういうことでしょう。信仰って何でしょう… ランディさんの問いかけ。


私にも、わかりませんでした。


手を合わせて祈るのは、「静」の祈り。 誰かのためにはたらくことは、「動」の祈りなんですよ。


初女さんの言葉は、優しく、わかりやすく心にすっと入ってきました。
そうか、働くって、誰かのためであり、自分のためにもなるんだ。


主婦として家事にいそしむ毎日。 こんなことしたって誰もほめてくれないじゃない。
そんな風に思うこともあったけれど。


初女さんの一言で、自分も、自分のしてきたことも認めてもらえたようで。


これからは、家事に仕事に、もっと前向きに優しい気持ちで向き合えるような気がしました。


佐藤初女さんと田口ランディさんの優しい語り口に癒されるひとときとなりました。


長野

c0344051_11554834.jpg
































by blog-fromkitchen | 2014-11-25 12:00 | ---イベント

お出汁をまなぶ会が終了しました

昨日はお出汁の出張講座でした。

ヒュッテアトリアさんにて開催しました。
暮らしや女性の働き方などいろいろな講座を開催されている素敵な場所でした。

c0344051_16095343.jpg

お出汁を学ぶ会ということで、座学を少し。

そして1番出汁のデモンストレーション。

c0344051_16100233.jpg

昆布の水出汁を飲んでもらう。大根のすり流し汁の試食。

c0344051_16102062.jpg

みんなでかつお節削り器でかつお節を削ってみます。

c0344051_16101207.jpg
削りたてのかつお節のなんと美味しいこと。

すり流し汁の上に再度かつお節をかけたりして、みんなでワイワイ。

またもや、一番楽しんでいたのは私だったかもしれません。

私の友人達にかつお節削り器の話をすると、
「うちにもあった」
「子どもの頃いつも削らされていた」
と話してくれる方、けっこういます。

なーんだ、みんな、かつお節って削っていたのね。どこいっちゃったんだろうね、その台所仕事。

今の生活にあわなくなり、だんだん台所から姿を消してしまったのですね。

かつお節削り器も高級品です。いざ買おうと思ってもお値段が張ります。

歯の調整も必要です。職人さんがいなくなりメンテナンスが気軽にできないのも遠ざかる原因でしょうか。
私は近所の腕の良い大工だったおじちゃんにメンテナンスをお願いしています。

案外、実家の台所に眠っているかも。
興味のある方は探して見てください。


福島
























by blog-fromkitchen | 2014-11-23 16:09 | ---イベント

佐藤初女さんの手のひらは

岩木山の麓にある「森のイスキア」は傷ついた心を持った人たちが訪れる場所。
佐藤初女さんはそんな方々の話しを聞き、お料理を作り、いっしょにごはんを食べています。
食卓をいっしょにすることで心がほぐれ表情が変わっていくそうです。

先日、佐藤初女さんの講演会にお伺いしてきました。...
おんぶや抱っこ紐の子育て中のお母さん達もたくさんお話を聞いていました。

初女さんのお話の中にこんな言葉がありました。
「数字ばかりに囚われないで、もう1歩広げて考えてみること。それが丈夫に子どもを育てること」
「知識に走らず、現状と調和を持って、豊かな気持ちで育ててください」
「前を行く人の話を聞く」

情報が多すぎる世の中。頼るものは何かといえば流れてくる数字や流行の育児方法。
離乳食は何か月から、これを食べるべきだ。こうしないといけない。
ただでさえ、慣れない育児、睡眠不足。がんじがらめになりそう。そんな子育ての時。

あぁ、このお話し私、最初の子を育てている時に聞きたかったなぁ。
「大丈夫」「疲れたら小刻みに休めばいい」という事を言ってくれる人がいたなら。

誰かと比べるのではなく、数字にあてはめるのではなく、目の前の自分の大事な宝物の今と向き合えばいい。

縁あって楽屋にお邪魔し、初女さんとお話しすることができました。
「ちゃんとごはん食べてる?」と。
握手させていただいた、初女さんの手のひらは、懐かしいおばあちゃんの手のひらで温かくも厳しい働く人の手でした。

ごはんを食べることの大切さ、それを伝えること。
From Kitchenの目指すことです。

福島
写真: <佐藤初女さんの手のひらは>

岩木山の麓にある「森のイスキア」は傷ついた心を持った人たちが訪れる場所。佐藤初女さんはそんな方々の話しを聞き、お料理を作り、いっしょにごはんを食べています。
食卓をいっしょにすることで心がほぐれ表情が変わっていくそうです。

先日、佐藤初女さんの講演会にお伺いしてきました。
おんぶや抱っこ紐の子育て中のお母さん達もたくさんお話を聞いていました。

初女さんのお話の中にこんな言葉がありました。
「数字ばかりに囚われないで、もう1歩広げて考えてみること。それが丈夫に子どもを育てること」
「知識に走らず、現状と調和を持って、豊かな気持ちで育ててください」
「前を行く人の話を聞く」

情報が多すぎる世の中。頼るものは何かといえば流れてくる数字や流行の育児方法。
離乳食は何か月から、これを食べるべきだ。こうしないといけない。
ただでさえ、慣れない育児、睡眠不足。がんじがらめになりそう。そんな子育ての時。

あぁ、このお話し私、最初の子を育てている時に聞きたかったなぁ。
「大丈夫」「疲れたら小刻みに休めばいい」という事を言ってくれる人がいたなら。

誰かと比べるのではなく、数字にあてはめるのではなく、目の前の自分の大事な宝物の今と向き合えばいい。

縁あって楽屋にお邪魔し、初女さんとお話しすることができました。
「ちゃんとごはん食べてる?」と。
握手させていただいた、初女さんの手のひらは、懐かしいおばあちゃんの手のひらで温かくも厳しい働く人の手でした。

ごはんを食べることの大切さ、それを伝えること。
From Kitchenの目指すことです。

福島利香

by blog-fromkitchen | 2014-11-20 13:35 | ---イベント

生徒さんの声~食卓から考えるお金のお話し

11月11日、毎日のやさしいごはん、リスタート第一弾が終了いたしました。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!


みなさまのご感想をいただきましたので、ご紹介させていただきます。


~お金の話しについて~

*正直あまり意識していなかったので、参考になりました。
 家計の
中でどの程度食費が占めているかなど、帰って考えてみようと思いました。

*とても勉強になりました。統計を見ながら実質的な話が伺えたり、ワークで自分の考えを整理したり、
 ほかの方の考えも聞けるのが
楽しかったです。

*今までダブルインカムでどんぶり勘定だったのですが、お金のことを考えたいと思い始めたところ
 だったので参考になりました。

*食費ってどれくらいが目安なのかわからず、毎月家計簿を見るたびに削るべきかどうか悩んでいました。
 でもやっぱり、食材や調味
料にはある程度こだわりたい。今日の話を聞いて、無理に削らなくても、
 他を見直せば良いんだということがわかりました。


~お料理教室について~

*今日はお金の話と料理の話と色々聞くことができてよかったです。コロッケ美味しかったです!
 揚げ物は家ではほぼやることがない
のですが、揚げ焼きを習えたのでぜひ家でやってみようと思いました。

*久しぶりのFrom Kitchenを楽しみにしていました。コロッケが思った以上に簡単でした。
 明日か明後日作ります。

*お料理はもとより、それにまつわる素材の話や片付けの楽さなど家事全般のお話が聞けてよかったです。
 ちょうど食について考えた
いと思った時なので、皆さんの食卓への思いへのシェアは参考になったり、
 自分の考えにプラスできたりしました。

*From Kitchenのコンセプト「それぞれの家庭の味を守っていってほしい」というところに、なるほどと思いました。

*おいしいコロッケの作り方や、先輩ママのアドバイスを聞くことができてよかったです。



お子様連れのお母様もいらしてくださり、にぎやかで楽しいお教室となりました。

うれしいご感想をありがとうございました!



c0344051_15320199.jpg










by blog-fromkitchen | 2014-11-18 15:25 | 生徒さんの声

塩豚のポトフ

野菜不足だな・・・・。


夜遅いので、ヘビーなご飯はちょっとな・・・。


時間かけて作るのは面倒だな・・・。



そんな時のお助けポトフ。


塊肉を塩漬けにして、一晩おき


野菜といっしょに煮ます。




毎日美味しい olive&#39;s cafe

お肉はチャーシュー用の塊。


ビニール袋に、お塩25g~30gとお肉とひたひたのお水、ニンニク1かけをすりおろして


空気を抜いて口をしばります。


冷蔵庫で一晩おいて、


セロリや人参、玉ねぎ、キャベツ、じゃがいも。


お鍋に塊肉とともに投入。


ひたひたのお水を注ぎ、コンソメを1個。



1時間くらい、煮てください。


お急ぎの方は、圧力鍋でね。



粒マスタードでどうぞ。
















by blog-fromkitchen | 2014-11-18 15:03 | From Kitchenのおいしいレシピ

vol.037 おいしいがわかる心はね…

お母さんにお母さんがいた頃はね。


ごはんだよーって呼んでもらうのはあたりまえで。
いただきまーす、おいしいー、それからおしゃべりして笑って。
お母さん、なんにも心配なことなくて、安心で、幸せでした。


けれど、お母さんのお母さんはある日天国へ行ってしまって。
お母さんの心はぺしゃんとつぶれたの。


あたりまえって思ってた、毎日のごはんがあたりまえじゃないってこと。
それがどれだけ幸せだったのか、やっとやっと、気づいたの。

それからは、何を食べてもおいしいと思わなくなりました。


みんな、覚えておいてね。

おいしい、がわかる心は、幸せな心。
幸せじゃない心は、おいしい、がわからなくなってしまうの。


そんなお母さんに、またおいしいを思い出させてくれたのは、お父さんとあなたたち。
次々生まれてきてくれたみんなが、お母さんの心にまた灯をともしてくれたの。


みんな、生まれてきてくれてありがとう。
お母さん、みんなといただきますって言って、おいしいねって笑えて、幸せです。


お母さんのお母さんとおばあちゃんがくれた幸せを、
今度はわたしがあなたたちに届けよう。


いやなことがあっても。
つらいことがあっても。
ごはんを食べて、おいしいって思って、元気になって、
明日はまたがんばれますように。


お母さんはそんな想いで、今日もお料理しています。

長野京子

IMG 7166 300x200 vol.037 おいしいがわかる心はね…


by blog-fromkitchen | 2014-11-16 14:47 | 台所からの手紙

食卓の物語を

私が代表をしているFrom Kitchenのお料理教室。

初めて参加してくれた8ヶ月の赤ちゃん連れのママさんから、帰り際にこんなことを言っていただいたことがあります。

「本当は料理は苦手なんです。でもこういう調理の知恵や食材のこと、たくさん学べて楽しい場所があるって・・。
この子のためにも料理を作ることに向き合ってみようと思います。」

うれしいお言葉です。



正直、私も日々作るごはんは「面倒だな」と思う日もあります。


仕事から帰ってきて30分でごはん作らなきゃって。



でも、もしさっと料理が出来る知恵と「今日はこれでいいや」とご飯炊いてお味噌汁と簡単なおかず、それを許せるいい加減さを持ち合わせていれば少しは料理を作るハードルが低くなるかな。



そしてママだけの台所ではなく夫婦で食卓の物語を作っていってほしいな。とも。



FromKitchenのお料理教室でそんな空気を感じてもらえることが、私の目指すところでもあります。

福島


c0344051_16191658.jpg
















by blog-fromkitchen | 2014-11-13 16:20 | ---想い

京子さんのパン。

今日のFrom Kitchenのまかないは、

京子さんがパンを作ってきてくれたので、

目玉焼き、おからのコロッケ、金芳さんの人参。


自宅でパンの教室を主催している京子さん。

今日のパンは小麦酵母のパン。

ほんとうに美味しいです。
c0344051_13004991.jpg


by blog-fromkitchen | 2014-11-13 13:11 | From Kitchenのまかない


「食卓から家族を作る」をコンセプトにした家庭料理の料理教室です。子連れでご参加いただけます。東京都渋谷区(最寄駅:代々木上原)


by fromkitchen

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

♪最新イベント情報♪

カテゴリ

全体
From Kitchen について
---想い
---主宰者の紹介
---FromKitchenの先生たち
お知らせ(NEWS)
教室スケジュール
---毎日のやさしいごはん
---くりまわしの教室
---大人の家庭科
---イベント
教室レポート
産後のママの身体のためのレシピ
生徒さんの声
From Kitchenのおいしいレシピ
From Kitchenのまかない
台所からの手紙
From Kitchen 日々のこと
家族の食卓
子育て・子どものごはん
食材のおはなし

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

おうちパーティー グラタン~..
at 2016-08-09 14:43
【満席】毎日のやさしいごはん..
at 2016-08-08 11:31
毎日のやさしいごはん~ふっく..
at 2016-07-27 15:58
生徒さんの声~ふっくらお稲荷..
at 2016-07-27 14:44
生徒さんの声~チャーシューと..
at 2016-06-20 15:42

外部リンク

ブログジャンル

料理・レシピ
スクール・セミナー

画像一覧